映画・テレビ

紅白歌合戦を観る

 今更去年の年末の話で何だが…

 私はNHKの番組を結構見る方だが、紅白歌合戦は嫌いである。あらゆるテレビ番組の中でも最低な物の一つだと思っている。民放でも有り得ない行き過ぎた視聴率至上主義(40%近く穫ってて不満を言うのはあまりにアナクロ)剥き出しで、歌手に限らず話題性のある有名人を見境無くかき集めた挙げ句、持ち前の保守的事無かれ主義丸出しの細かい台本でがんじがらめにして彼等の持ち味を全く発揮させず、小学校の学芸会のごとき茶番を演じさせる様は見るに堪えない。

 と言う訳で、例年特定の歌手の前後しか見ないのだが、昨年は珍しくその後2時間近くも見てしまった。これは例年より面白かった…と言うより、見ていて辛くなかったからである。

 理由は司会の笑福亭鶴瓶が良かったからで、紅白の司会が自分の言葉でしゃべっているのを初めて見た。「まだ時間有りますか?」とか言いながら会話するシーンは紅白では非常に新鮮である。他の出演者が相変わらずガチガチでなかったら最後まで見たかもしれない。内容的にも例年より浮ついた感じが無く、歌をじっくり聞かせる方向に行っていたのは良かった。NHKの自己宣伝の部分は相変わらず浮いてたが…

 そんな中で小林幸子だけは相変わらず大仕掛けだったのは逆に頼もしくて良かった(笑)。今年は例年より歌と仕掛けの違和感が無いように感じられたのはこちらの慣れか?はたまたあらかじめ装置に合わせて歌を作ったか…(^_^;)。

 余談だが、何年か前の紅白で、やはり巨大な装置にくくりつけられて身動きとれない状態の小林幸子が

「♪歌は私の人生だけど、籠の鳥にはなりたくない…♪」

と歌っていたのは何だか皮肉に思えた。

 皮肉と言えばやはり何年か前の紅白でSMAPが大取りを務めた事が有ったが、紅白の大取りと言えば特に紅白常連の大御所の歌手の方々にとっては大変なステータスだそうで、それを若造に持って行かれて内心苦々しく思っていた人達も居たと思われる。

 そんなお歴々の前に出て来たSMAPが開口一番

「♪ナンバーワンにならなくても良い〜…♪」

と歌ったのだから、思わず

「ふざけんなこのガキ!!」

と怒鳴ってしまった人も居た事で有ろう。いや、私は見て無いんで知らないんですけどね…(^_^;)

 時期遅れでくだらない事を書いてしまった…

| | コメント (7) | トラックバック (0)

ヤッターマン

 会社のパソコンで文書を作っていた時の事。間違えた文字を消そうと〔BS〕キーを押した所、突然パソコンの電源が落ちた!警告も出ない強制終了である。もちろん書きかけの文書は消滅である。何が起こったのか分からず呆然とキーボードを見詰めると、〔BS〕キーの斜め隣のキーに〔POWER〕と書かれているのに気付いた!

「なんじゃこりゃぁ!!」

思わず叫んでしまった。キーボードに電源スイッチが付いてる物は良く有るが、隙間無く並んだ普通のキーの一つが電源キーなどと言うのは初めてである。ちなみに〔POWER〕キーに隣り合って〔PrtSc〕キーもある。よく今まで無事で来れたものである・・・

「どうかしたんですか?」

私の叫びを聞き付けた同僚が近寄って来た。私が震える手でキーボードを指差すと、彼も驚いて目を剥いた。

「げっ!こんなキー有りですか?危ないだけじゃないすか。」

「これじゃ操縦桿の隣に剥き出しの自爆スイッチが付いてるどっかのアニメのメカと一緒だよ。」

「おっ、ヤッターマンですね。確かにそうだ、はっはっは。」

「だろ?はっはっは・・・って笑い事じゃねぇ!!(T_T)」


 ・・・なんて話をしていたらテレビで新しくヤッターマンが始まると言うので見てみた。感想は・・・あぁ、やっぱ微妙に変えて来るんだ・・・しかしこのオープニングの取って付けたようなポップ感は・・・ってか山本正之が歌ってないじゃん!そりゃ無いよな(T_T)・・・・・・しかもやっぱりと言うべきかエンディングは3悪人の歌じゃなくてタイアップ曲だし・・・・・・何か内容以前の部分で随分がっかりしてるな俺・・・・・

 内容については、この手の物は最低5回位やらないと面白くならないんで今は何も言いません。スタッフの皆さん頑張ってください。これが当たらないと控えてる実写映画も盛り上がらないしね。

 ・・・なんつって、続けて見るか分からんけどな(^ ^;)。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

リアルとリアリティ

 月探査機かぐやが世界で初めてハイビジョン撮影した月面での地球の出の映像をテレビでやっていた…って思ったら、どうやらシミュレーション映像の様である。それにしても随分ちゃちなCGだ。まるで20年前のレベルである。

 …なんて思ってたら実写だった!全然リアルじゃねー(ToT)!!

 空気が無いってのは理屈では分かっているのだが、感覚的な違和感は予想以上である。従来は不鮮明な映像が空気遠近感の様な錯覚を生み出していたのだと改めて実感。

 もし今宇宙ロケで映画撮ったとしても、すげー予算掛けたのにその映像は使えず、特撮で取り直すなんて事にマジでなりそうな気がしたのだった・・・(^ ^;)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

父親たちの星条旗

 クリント・イーストウッド監督の『父親たちの星条旗』を観た。

 人間の罪を多面的に捉え、断罪も擁護もせず罪を犯す人間に寄り添うように描く最近のイーストウッドの映画は、観る者のステレオタイプな善悪の基準を相対化し、罪に対する怒りや憎しみをその立脚点から喪失させ、後にはやるせない悲しみだけを残す。この他者に対する冷静かつ真摯な向き合い方や想像力、安易なカタルシスを求めず悲しみや虚しさを共有しようとする姿勢は現代アメリカ映画の貴重な良心であり、アメリカに真に必要な物だと思う。

 そんなイーストウッドが人間最大の罪とでも言うべき戦争を描くに当たって当事国双方の立場から一本ずつ映画を作ろうと考えたのは極めて彼らしい気がする。

 で、先に公開されたアメリカ側からの視点と言われる『父親たちの星条旗』を観た訳だが、これが硫黄島の戦闘よりアメリカ国内の政治劇(に翻弄される兵士)を中心に描いた物で、二作が同じ『戦闘』をマルチアングルで描くと言う単純な関係では無い事が分かる。本作は戦場の背後に戦場より遥かに大きく存在し兵士を送り出している社会の無理解や欺瞞がある意味では戦場の悲惨さ以上に兵士を苦しめる様を描いた物で、登場人物に基本的に悪人は居ないのだが悪役は居ると言う構造は戦争の最も悲しく虚しい部分を象徴していると思う。

 道義に反する事が正義の名の下に行われ、それが人の心を傷付け殺して行く様から戦争の大義と正義が狂気と三位一体である事を冷静に描くこの映画は、しかしやはり告発するのでは無くそれぞれの立場の苦しみや悲しみに共感しようとする。告発は観る者に新たな正義の権威を与え思考停止をもたらすだけの物なのである。
 
 正義や大義に翻弄されて心が傷付いた登場人物が最後に家族や戦友と言った自分に最も身近な人達に対して誠実である道を選ぶ姿は過去のイーストウッド作品との共通点が見られる部分で、様々な物を相対化して行く中で最後に残った絶対的な物なのかと思える。ここを起点にそれまでに身に着けた固定観念を一度振り払い、新たに他者への想像力を拡げる事はアメリカ人だけに必要な事では無いのは当然だろう。

 戦場の惨さや悲惨さを見せる映画とは違ったイーストウッドらしい戦争映画。『硫黄島からの手紙』も期待したい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ご注文はどっち?

 『どっちの料理ショー』は上手く考えられた番組だと思う。何処が上手いかと言うと料理対決番組で有りながら食べずに勝敗の判定を下すシステムである。

 この番組の前に料理対決番組としてブレークした物に『料理の鉄人』が有る。漫画の世界で『包丁人味平』以来一つのジャンルとして確立している料理対決漫画の形式を実際の料理人が出演するテレビショーに仕立てたこの番組は、料理対決漫画が根底に持つ”スポーツ漫画の変形”と言う本質を上手くアレンジし、虚実ない交ぜの格闘技中継風の構成にする事で視聴者にスポーツを見る時の様な感情移入とカタルシスを与え成功した。

 しかしここにはテレビのメディアとしての限界が有った。それは「味は伝えられない」と言う厳然たる事実だ。スポーツの場合は基本的に目で見て勝敗の判断を付けられるので、テレビの前の視聴者も現場の審査員や解説者と感覚を共有出来る訳だが、料理の場合味が分からなければ勝敗の判断は付けられない。それまでテレビの中の出演者と一体化して勝負の行方を見守っていた視聴者は、審査の段階で完全に置いて行かれる事になる。勝者が何故勝ったのか分からず、「見た感じあっちの方が旨そうだったけどな。」等と最後の最後で割り切れない感情を持ちながら番組が終了してしまうのである。

 その「視聴者と出演者の断絶」と言う問題を解決したのが『どっちの料理ショー』である。「どっちが旨いか?」では無く「どっちを食いたいか?」で勝敗を決める事により視聴者が審査過程を共有出来ると共に、素材や調理法のプレゼンテーションが内容の中心となる為、黙々と料理を作っていただけの『料理の鉄人』よりテレビ受けする内容になった。

 ちなみにテレビと同様に味を伝えられない『料理対決漫画』では当初から食材や調理法に関するうんちくが勝負をドラマチックかつ目で見て分かる物にする手段として使われていた。しかしフィクションである漫画と違い実際の料理人が味を競う対決ではそうした要素はそうそう分かり易い形では表れない。最初からプレゼンテーションで勝負を決める『どっちの料理ショー』の形式で初めてこれが可能になったと言える。

 と言う訳でテレビ番組として良く出来ていた『どっちの料理ショー』だが、最近始まった『有名料理人対決』シリーズはちょっと危ない路線変更の様な気がする。

 この番組のシステムは「味による対決では無い」事を前提に作られている。だから対決する2者が出す料理のメニューは基本的に別々である。最初から同じ土俵での対決では無い事で「不公平な闘い」と言うドラマ性を演出すると共に勝敗の判断基準を味以外の方向へ向けている。また、メニューを別々にするのとは対照的に対決するシェフは同じ料理学校の講師同士とする事で、シェフ自身の腕の差=味の差に注目が行かない様にしている。

 ところが『有名料理人対決』ではこの前提が崩れる。例えば先日の『ラーメン対決』では有名ラーメン店の店主同士がラーメンで勝負をする。ライバル同士が同じ土俵で対決する訳で、こうなると「食べずに勝敗を決める」と言うこの番組のシステムに強烈な違和感が生じてしまうのである。

 しかも今回勝った方の店だけでその勝ったメニューを実際に販売し、敗者のメニューは封印すると言う。これは「視聴者が番組出演者と味の共有が出来ない」と言う番組の前提が崩れる訳で、こうなってしまうと「味で勝ったのでは無い」メニューに何の意味が有るのか?と言う番組に対する根本的な疑問が強烈に湧き上がってしまうのである。

 この『有名料理人対決』は今後も続く様だが、番組の基本からぶれた路線変更は番組の短命化を招く様な気がしてならないのは私だけだろうか?(ま、そんな思い入れが有る訳じゃ無いから良いんですけどね・・・と言いつつまた長文(苦笑)。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

年明けたな・・・

 何か今年も・・・否、去年も(^^;)バタバタしている内に終わってしまった感じですな。毎年こんな事言ってる内に私ももう7歳ですよ・・・ってこれ最近のテレビCMに倣って言ってるんですが、正直移植受けた頃の新鮮な気持ちは何処へやら、すごい早さで年取って今じゃすっかり実年齢以上の中年に落ちぶれてますよ。戌年だけにドッグ・イヤーってやつですか?イヤー参ったねぇ(←ウマイねコリャ (T▽T) )。

 それはともかく今年はちーと心入れ替えてホームページの更新を・・・・・ってな事じゃ無くて(別にしないって訳じゃ無くて)、も少し真剣に生きる事を考えて、世間の皆さんの死の淵を経験した人間に対する過渡にロマンチックな期待に答えてあげちゃうのもそろそろ良いかなー・・・・・じゃなくて、流石にもう時間を大切にしていかないとマズイかと思ったりしてます。7年も生きちゃいましたからねー。想定の範囲には違う可能性も有った訳ですが、日々の暮らしに追いまくられると時間の流れが認識の外に追いやられてしまうんですよね。勿体無いお化けが出ますよ全く。

 ってな訳で、24インチワイドディスプレイにして少し視野が広くなった気がするうぃんすろうでした。今年もよろしくお願いします。

 余談ですが、今日の『クイズ・ミリオネア』をちょっと見てたら小泉孝太郎が出てて一千万円を賭けた最後の問題にチャレンジしてたんですが、その問題が、

「ベートーベン作曲『運命』の出だし”ダダダダーン”は、何の音を表しているか?」

と言う物だったのです。で、

「これってこの前の『世界一受けたい授業』って番組の中で青島広志が”扉を叩く音”って言ってたよなー。」

なんて思いながら見てたのですが・・・・・・良く考えたらその番組に小泉孝太郎も出てたじゃーん\(@o@)/!!

と、驚愕するする私の視線の先で小泉孝太郎は

「完全に勘だけど聞いた瞬間から”扉の音”ってのだけが妙に引っかかるんでこれにします」

とかなんとか言いながら正解して一千万円獲っちゃったんだけど・・・・・・それって一体どーなのよ!?(やっぱ政治家向きなんじゃなーい?(←偏見))

 どっちの番組も録画なのでもしかしたらミリオネアの収録の方が先だったのかも知れんが、新年早々政治不信に陥ってしまったのだった・・・・・(?)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ロボットコンテスト

 最近しょっちゅうやってる様に感じるロボコンだが、休日の朝に遅く起きたらまたやっていて、つい見てしまった。様々な工夫の凝らされたロボットを見るのは楽しいのだが、最近は対戦相手を妨害する機能ばかりがどんどんエスカレートする傾向に有る様で、これには少々白けている。

 妨害も工夫の一つであるから完全には否定しないが、今回見ているとスタート地点から長い竿を伸ばして競技場の床の上に相手が進めないバリケートを置いてしまうロボットや、皿型のゴールに入った相手のボールを風で吹き飛ばすロボットが何台も有った。はっきり言ってこれは大会の趣旨から外れているのでは無かろうか?

 競技場の床には方眼が描かれていて、本来ロボットはそれをたどってゴールを目指すようになっている。最近はスピードが競われる様になり、方眼を無視してただ真っ直ぐ進むだけのロボットがゴールへ突進するシーンも多く見られるが、これはコケる事も多く工夫の余地が有った。

 しかしスタート地点から竿を伸ばしてしまったらこれはもう確実だしそれ以上何の工夫の余地も無い。しかもゴールを狙うのでは無く床の上のアバウトな範囲にバリケートを投げ出すのである。高度なテクノロジーもテクニックも全く必要が無いではないか。

 皿型のゴールに入った相手のボールを風で吹き飛ばすロボットも同様だ。皿型のゴールと言うのはボールを打ち出す力や回転を工夫しないとボールが上手く入らず、その工夫を競うのが目的である。しかし入ったボールを風で吹き飛ばすのは全く簡単で工夫も何も要らないのである。

 出場校が皆こんな事をやり始めたら大会は殺伐としたつまらない物になり、技術の進歩や蓄積と言う大会の目的とも全く掛け離れた無意味な物になってしまうだろう。

 そんな中で今回優勝した日本の大学のチームは上記の様な妨害機能を持たず、確実で臨機応変な動作が出来る高度な機能を持ったロボットで相手のバリケードを突破して得点を重ね、非常にドラマチックな形で優勝した。これには久し振りに感動した。テレビで見る限り最も高度で完成度の高いロボットに見え、価値有る優勝だと思う。

 これが切っ掛けになって、ロボコンが再び正当な創意工夫が競われる場になれば良いと思う次第である。


 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

予測された未来

 テレビ放送から録画して忘れていた『バック・トゥ・ザ・フューチャー PART2』の冒頭をちょっと見た。舞台は未来世界で、登場人物は空飛ぶ車に乗り自動的にサイズ調整される服を着て、自動的に靴ひもが締まる靴を履き、そして…公衆電話から電話をしていた(T▽T)。

 現在の携帯電話の普及が如何に急速で予測出来ない物だったか改めて実感したと言う次第です。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

ないです

 『NEWS23』と言う番組で、キャスターの筑紫哲也氏が自身のコラムで日本語が間違って使われている例を上げて言葉の乱れや言葉に対する無知に警鐘を鳴らしていた。

 それは良いのだが、先日この番組でアメリカ人にインタビューをしていた時、翻訳の字幕に

「ないです」

と表示されていた。同時通訳ならまだしも字幕できちんと「ありません」と書けないと言うのはニュース番組としてはいかがな物か。何か元の英語を話していたアメリカ人が頭悪く見えてしまうのも罪な所である。

 些細な事にこだわってる様で何だがやはり気になってしまう…

| | コメント (2) | トラックバック (0)

『報道ステーション』と言うテレビのニュース番組で、タイにおけるHIV対策の特集をやっていたのだが、その画面に次の様なテロップが表示されていた。

『タイでのエイズとの超現実的な闘い』

”超現実”すなわち”シュール・リアリスム”な闘いとは何か?エイズに対して一体どんなシュールな闘いをすると言うのか?とても想像出来ずに戸惑いながら見てみると…その取り組みとは『タブーに捕われず必要な事を躊躇せずやる』と言う物だった。つまり”超現実的”とは”極めて現実的”と言う意味だったのである。

以前友人から、ある大学の講義で”超自然現象”と言う言葉が出て来たら、それを聞いた大学生が”とっても自然な現象”と理解したと言う話を聞いて笑った事があったが、今時の若い者ならともかくテレビのニュースでこんな言葉が使われるとは…さすがにちょっと笑えん事態だと思うがどうだろうか?

| | コメント (1) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧