« 北近畿・山陰の旅3. 城崎温泉に行く | トップページ | 北近畿・山陰の旅5. 鳥取砂丘へ行く »

北近畿・山陰の旅4. 余部橋梁を見る

 城崎温泉から海沿いの国道を西へ向かうと巨大な鉄橋が見えて来る。トレッスル式と言うやぐら状に鋼材を組み上げた形式の鉄橋としては日本最大と言う余部橋梁である。私は鉄では無いが、迫力に押されて車を止めて見物してしまった。

 こんな所を列車が走るのは怖いと直感的に思う高さと細さ。過去には脱線・転覆事故で列車が落下し、直下に有った工場の従業員を含めた多数の死者が出たそうで、鉄橋の傍には慰霊碑が建っている。この直下に建物が有る事自体よそ者には驚きである。この事故に付いては運行規定を無視して強風時に列車を運行させた人為的ミスとされるが、一つのミスで大惨事に繋がる設備やシステムは、それ自体に問題が無いか考える必要は有ると思う。建替え計画が進んでいると聞くが当然だろうと思った。

Amarube_kyoryo_01

Amarube_kyoryo_02

Amarube_kyoryo_03

Amarube_kyoryo_04

Amarube_kyoryo_05

Amarube_kyoryo_06

Amarube_kyoryo_07

Amarube_kyoryo_08

 景色としては魅力的だが、それは危うさが醸し出す危険な魅力を含んでいると思われて素直に楽しめないのだった。

|

« 北近畿・山陰の旅3. 城崎温泉に行く | トップページ | 北近畿・山陰の旅5. 鳥取砂丘へ行く »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

見えそうで見えないのはいいかもですが、
落ちそうで。。。というのはイヤですねえ。
もっと丈夫に作って欲しいですね。

投稿: fuuuuuh | 2007.10.24 09:59

 ぱっと目にはモノレールの線路かと思います。昔は無茶な物作ってたんだなぁと、変な感動をしてしまいました(- -;)。

投稿: うぃんすろう | 2007.10.25 02:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9044/16817214

この記事へのトラックバック一覧です: 北近畿・山陰の旅4. 余部橋梁を見る:

« 北近畿・山陰の旅3. 城崎温泉に行く | トップページ | 北近畿・山陰の旅5. 鳥取砂丘へ行く »