« 北近畿・山陰の旅2. 天橋立へ行く2 | トップページ | 北近畿・山陰の旅4. 余部橋梁を見る »

北近畿・山陰の旅3. 城崎温泉に行く

 骨休めの旅と言えばやはり温泉である。

 人里離れた隠れ家的な宿で、涌き湯の音が岩に染み入るのを聞きながらゆったり体の疲れをほぐす…と言うのは何と言っても最高だが、一方で少し賑やかな温泉街と言うのも独特の非日常を醸し出していて楽しい物である。

 と言う訳で、北近畿と山陰の境に有り、風情有る温泉街として知られる城崎温泉へ立ち寄る事にした。

 城崎温泉は古い石作りの水路の両岸に沿って湯宿が連なる古びた雰囲気の温泉街である。柳並木に挟まれた水路にはやはり石作りの橋が並び、浴衣姿の観光客が軽やかな下駄の音を響かせながら街中に点在する個性的な7つの外湯巡りを楽しむと言う、中々情緒が有りそうな所である。

Kinosaki_01

Kinosaki_02

Kinosaki_03

Kinosaki_04

 しかし夕方から一泊の泊まり客にとって、7カ所の外湯巡りは実はかなりハードである。外湯は温泉街の端から端まで点在しているので、全部回ると数キロ歩く事になり、ちょっとしたオリエンテーリングである。宿の仲居さんは最初からこっちが7カ所巡る前提で宿に着く早々テキパキとスケジューリングをしてくれたのだが、一カ所10~15分の滞在時間が前提になっている。これはのんびりする為の温泉と言う世間の常識に対する挑戦だと言っても過言ではない。

 仲居さんには悪いが、数には拘らず自分のペースで回る事にする。

 実際に街へ出ると、景色は評判通りの風情有る物だが思いの他車の往来が多いのには参った。古い街並み故の狭い小路で、歩道と車道の区別が無い所を車が殆どひっきりなしに通るので落ち着いて歩けないのである。一部の大通りには歩道が有るのだが、これも狭い。浴衣での散策を売りにするなら人と車が干渉し合わない工夫をして欲しい。

 また、7つの外湯がいずれも最近出来たかリニューアルされたかで、非常に綺麗な反面、内外装が余りにモダンだったり無国籍だったり・・・要は東京近郊に乱立している日帰り温泉施設と変わらないのにはがっかりした。新しくするにしても何か街の風情や伝統と呼応したデザインを考えて欲しい。古代ギリシャ風のエンタシスが並ぶ風呂なんて、ここに来る客が求めているとは思えないのだが(vv;)。

 更に言うとここの外湯は全てジェットバスを備えているが、7つも有る外湯全部が備える必要が有るのだろうか?ここで一番小さな外湯は大人4人しか入れないこじんまりした湯船しか備えていないのに、そこにまで2人分のジェットバスが噴出している。湯巡りしてる客もいい加減飽きたのか、皆ジェットバスを避けて湯船の端っこに固まっていたのが切ない光景だった。

 また、温泉にも塩素消毒が義務付けられて以来、ジェットバスの周囲は揮発した塩素の臭いが特にきついのも個人的には好まない理由である。

 好みの湯が有ったらそこに落ち着こうと思いながら巡っていたのだが、結局どこもイマイチで全部回ってしまった(vv;)。宿に戻ると仲居さんが、

「良かったら内湯にも入って下さいよ。うちはここの温泉街では少ない源泉掛け流しですから。」

と言った。外湯が名物の城崎温泉では内湯に力を入れてる宿は少ないと言う事らしい。

 結局この内湯が一番ひなびた風情が有り、のんびり浸かれて良かったのだった・・・

(しかしこの仲居さん、私が宿に着いた時に内湯の事を尋ねたら、「え!?内湯入るんですか?」みたいな事を言ってたのだが・・・皆さんも城崎温泉に行く事が有ったら仲居さんの反応は気にせず内湯もチェックする事をお勧めします。)

 余談だが外湯巡りをしている時に手拭いを腰に巻いて浴室に入って来た男性がいた。テレビの旅番組などでは良く見る光景だが、実際に風呂で使う手拭いは腰に巻ける程長くは無い物である。しかもその男性は相当な肥満体で、それこそどう考えても手拭いを腰に巻けるとは思えない。

 不思議に思っているとその男性が後ろを向いた。すると尻が丸出しである。良く見ると何とその男性は弛んだ下腹の肉ひだの間に手拭いを挟み、エプロンの様にぶら下げていたのである(T▽T;)!!

 何だか凄い物を見た様な気がした・・・

|

« 北近畿・山陰の旅2. 天橋立へ行く2 | トップページ | 北近畿・山陰の旅4. 余部橋梁を見る »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

あの外湯、中身はみんな同じようなもの
でしたね。シャンプーリンスまで。
まあ、プラプラ歩いて商店街の活性化に
つとめてほしいのかもですね。
ぽっちゃり男性の前掛けエプロン、
ナイスですね!マニアには応えられないかも。
といいつつ、わたしもできるかも・・・しれないと爆笑は自重するのでありマス。

投稿: fuuuuuh | 2007.10.24 09:58

> あの外湯、中身はみんな同じようなもの
でしたね。シャンプーリンスまで。

 そうなんですよね。『洞窟風呂』とか『立ち湯』とか、ちょっとずつ個性を出そうとしてるんですけど、無理やり感が有りましたね。伝統有る温泉街ですから、小手先では無く、歴史が育んだ本物の個性を感じさせて欲しいですね。

 ちなみに商店街が閉まるの早過ぎです。外湯は夜10時半までやってるんだから商店街も付き合ってくれないと帰り道が寂しくてしょうがありません。道後温泉は10時過ぎまで商店街がやってて、外湯入った後に地ビール飲んで土産を探すなんて事が出来ましたからね。見習って欲しいです。

投稿: うぃんすろう | 2007.10.25 02:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9044/16816701

この記事へのトラックバック一覧です: 北近畿・山陰の旅3. 城崎温泉に行く:

« 北近畿・山陰の旅2. 天橋立へ行く2 | トップページ | 北近畿・山陰の旅4. 余部橋梁を見る »