« 多機能なのに | トップページ | 迷い蝉 »

盆に神を感じる

 世間的には盆休み初日の土曜日。勤め先に盆休みが無い私にとっては普段と何も変わらない週末。いつものごとくゆるゆるとブランチを貪っていた私が、知人の土産のワカメ味噌を飯に乗せて頬張った次の瞬間、突如口の中に激しい衝撃と雷鳴のごとき異音が響いた(>Д<;)!米に紛れ込んだ小石にしては余りにもデカく、且つ異常に硬い感触。その上形状もかなり奇怪だ。まさか味噌の中のワカメに混じって半島から流れ着いた医療廃棄物が入っていたのでは!?得体の知れない不安を感じながら恐る恐る取り出して見ると、それは私の古い虫歯から外れた金属の詰め物だった…(T_T)

 この瞬間、私にとって普段と何ら変わらなかった土曜日が盆休み初日としての意味を持った。そう、歯医者が連休に突入してしまうのである( ̄□ ̄;)!!

 前回歯の詰め物が外れたのはゴールデンウィークの事だった。その前には正月に外れた事もある。何故か歯医者が連休の時に限って良く外れる。どちらも餅は食っていなかったのに…って事はともかく今度は盆である。ここまで重なると単なる偶然とは思えない。やはりこの世には神が居るのだろうか…(神ちいせー!!(〒O〒))

 神の事は無視して冷静に現状を見つめ直すと、今はまだかろうじて土曜の午前中である。もしかするとまだやっている歯医者が有るかも知れない。そう思って近場の歯医者に電話を掛けたら今日までやっているとの事。フッ…神よ、今回は私の勝ちだったな(←?)

 すんでのところで食の楽しみを一週間奪われずに済み、嬉々として歯医者へ向かった私だったが、真夏の正午の日差しはアスファルトで固められた住宅街の路地を灼熱地獄に変えていた。殆どソドムかゴモラである(※人によって感じ方には差が有ります)。私の勝ち名乗りに神が怒っているのだろうか?(←だから神ちいせーって(T_T)。)

 その時目の前に、子供の頃に良く遊んだ氏神神社の小さな杜が現れた。杜の中は少し涼しいかも知れない。若干遠回りになるが境内を抜けて行く事にした。

 かつては目の前に水田が広がる里山だった杜だが、今や水田は全て住宅地になり、杜の一部までもが切り開かれて住宅地になっている。昔と変わらぬ参道の石段も、右側には杜が残っているが、左側は3メートル隔てて平行に住宅が並んでおり、神聖な雰囲気は薄い。

Jinja


 しかしその石段に一歩足を踏み入れると、一瞬にしてひんやりとした空気に体が包まれた。陽炎が立つアスファルトからは一歩離れただけである。雰囲気で石段と書いてしまったが実際には古びたコンクリートの階段で、今まで歩いていたアスファルトの道路と見た目は大差無い。しかし体にはその境界が明らかに感じられるのである。

 これが緑の力かと改めて感心した私だったが、その日の午後に行った市営の緑地公園は、中に美術館(これが目的)やスポーツ施設を持ち、杜としては先程の神社より遥かに広大にもかかわらず、中に入っても大して涼しいと感じなかったのである。あの神社の涼しさと驚く程はっきりした周囲との境界は、単なる杜では無い神域の力を表した物だったのだろうか?

 何か盆に浮かれる人間に神々が自分の存在を誇示しようとしているかのような不思議な週末であった(←だから神ちいせーってば!(T▽T;)。

|

« 多機能なのに | トップページ | 迷い蝉 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ごぶさたしておりますー。
いやー、暑い日が続いてますなぁ。今日も35度を超えております。
うんうん。歯医者よくあります。アタシも正月明けの1月4日に親知らずが痛み出した事があります。
歯医者が7日からだったので約3日ちょい痛みに耐えたんですよねぇ。
歯医者に行った7日は、人からもらった抜歯時の痛み止めで痛みがおさまっていたんですが、もうちょっと遅かったら耐えられない激痛になっていたといわれました。
当然親知らずは抜歯。「すぐ抜いてください!」と言っちゃいました。(笑)
最近は長期の休日でもやってる医者が増えてきたんで安心ですよね。お医者さんは大変ですが。

最近は年のせいか神社仏閣に興味が出てきて、歩いてて発見するとつい立ち寄っちゃいます。
確かに不思議な涼しさがありますよね。うんうん。

投稿: せら | 2007.08.19 15:31

 ほんと暑いですよね。地球温暖化のせいか年々きつくなります。温暖化なんてなまぬるい言葉じゃなく灼熱化とか言うべきですね。基本的にクーラー使わない主義の私ですが、さすがにそろそろ限界かもです。

 休日にやってる歯医者も有るんですか。そう言えば歯医者って多いですよね。場所によってはコンビニ並みに密集してますから、サービス競争になってるのかも知れませんね。

 親不知って抜くと結構大変ですよね。私の時は一ヶ月以上血が止まらなくて飯が不味いのなんのって。顔もこぶ取りじいさんになっちゃうし。更にそれが抗がん剤治療の最中だったから苦しさもひとしおで、本当に散々でしたよ(T_T)。

 神社仏閣と言えば、以前展覧会にも行かれてましたもんね。私は主に通り抜けに使ってるだけで恐縮なのですが、あながち関心が無いでもないので、今度神社仏閣の魅力とかお勧めスポットとかを教えて頂けると嬉しいです。

投稿: うぃんすろう | 2007.08.20 01:15

やあ、元気かね?懐かしい神社の写真じゃぁないかい!涙がほろっと出そうだよ。
ところで神社の話なんだが家の隣にある神社は
何と1つの敷地に3つの社が入っている過密スポットなんだよ。丑寅生まれの人の守護をする宇迦神社と辰巳生まれの人を守護する普賢神社と山の神様だ。色々と云われはあるのだが宇迦神社は昔別の場所から引っ越してきた様なんだ。
それとは別に何故ひしめき合っているのか…
お賽銭が3倍入るからか?…って神小せぇって
ウソです。神様。

投稿: 若旦那 | 2007.08.26 23:00

 ふぅむ…そのうち神社コンプレックスとか大型参拝ングモールなんて言う大規模集積施設が出来るかも知れませんなぁ。そこはその先駆け…な訳無いって?

 それはともかく先の話は元々他の干支の神社も有って、その内の二つが同居状態になったと考えて良いのでしょうか?話の感じだと他の干支の神社は近くに無さげだが、行方不明なんだろうか?少々気になるな。まぁ、取り敢えずわしらの干支は無事の様だから良いか…って、ほんのジョークですよ。こんな事で怒る程ちいせー神じゃないでしょ!?(←誰に言ってる?)

投稿: うぃんすろう | 2007.08.28 00:30

他の干支は遠野の各地に散らばっているのだよ。
2人で行った遠野八幡宮もその1つ、12干支巡りなんて出来るのだがその内に君が来訪できるときまでには調べておきましょ。
来月は早くも遠野まつり。遠野最大のイベントだ。9/14~15なんだが見に来る?

投稿: 若旦那 | 2007.08.28 14:18

 八幡宮が特定の干支の神様とは意外だな。奥が深いぜ(?)。話を聞いてて思い出したが、京都に行った時に十二支の祠が並んでる神社を見たな。あそこも確か一つの祠が二つの干支をカバーしてた様な記憶が。全国的に広まっている文化なのかな?

 祭りか。個人的には祭りは避けて静かな時に行きたいと思ってるのだがの。

 そう言えば前回行った時に市民会館で『神の歴史』みたいなテーマの市民講座をやってて面白かったな。ちなみにその一週間前には『イタコ』をテーマにした講座をやってたそうで、現役のイタコさんによる実演も有ったとか(スゲー!)。もしまた有るようならその時に行きたいから連絡してくれ!!

投稿: うぃんすろう | 2007.08.29 01:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9044/16156656

この記事へのトラックバック一覧です: 盆に神を感じる:

« 多機能なのに | トップページ | 迷い蝉 »