« 冬の京都3 ハナタレを呑む | トップページ | フレッシュマン »

久々の入院

 去年は職場の異動を契機に生活環境が変わると共に忙しい状態が続き、慢性的に疲れが取れず今年になってからは風邪をこじらせて会社を休む事もしばしばだったのだが、遂にと言うか入院してしまった。

 症状は急性肝炎で「劇症肝炎の可能性も有る重症だ」と言われ、診察を受けた翌々日、ベッドが空き次第の緊急入院だった。

 入院したのは良いが原因を特定しないと治療は出来ないと言う訳で、立て続けに様々な検査を行った。胸と腹のレントゲン撮影に始まって、心電図(何故?)、肝生検(腹の表面から肝臓まで筒状の針を刺し、その中に肝臓の組織サンプルを取り込んで採取し行う検査。地質調査で行うボーリング調査みたいだ。)、エコー、CTスキャン、MRI、内視鏡、そして度重なる血液検査・・・・・そして治療らしい治療を全く受けずにベッドでのたうつ日々を10日以上過ごした後、遂に検査結果が出揃った。その結果とは

「原因不明」

だった。そして原因が解らない以上薬などは処方出来ないと言う訳で、医師から告げられた治療方針は

「安静にして自然に治るのを待つ」

だった。何じゃそりゃー!!(←優作風)

更に

「安静にしてるだけなら病院に居ても家に居ても一緒だから退院にしましょう。」

と言われて退院し自宅療養になったのだった・・・だから何じゃそりゃー(T△T)!!

 結局どう言う事かと言うと、症状から診て何らかのウィルスが原因の可能性が高いそうなのだが、ウィルスを特定する抗体検査は一回の検査で一種類のウィルスに対する一致/不一致の判定しか出来ない為、原因のウィルスを特定するためには候補を変えながら一致するまで延々検査を繰り返さなければならず、数多有るウィルスをしらみ潰しに調べるのは現実的には不可能で、代表的な数種類のウィルスに的を絞った検査しか出来ないと言う事情が有るそうである。更に風邪などのありふれたウィルスが原因の場合も有り、抗体検査で反応が出てもそれが肝炎を引き起こしているのか単にウィルスに感染しているだけなのか判らないと言う問題も有るとか。組織サンプルを調べてウィルスを発見出来れば特定出来るが、肝生検で採取したサンプルは極めて微量なので見付からない事が多いそうである(そもそも肝生検の目的がウィルスの特定では無いのでそれは仕方無いのだが)。

 逆に言うと検査の対象にならない様なウィルスは深刻な症状を起こす物では無いと言う事なので、原因不明はむしろ喜ぶべき結果と言えるそうなのだが・・・

 私の場合は骨髄移植の副作用であるGVHD(移植片対宿主病:移植された骨髄で作られた白血球が患者の体を他人とみなして攻撃する症状)が有り、これが原因だったらかなり深刻な事態だったので、速やかに入院させてくれた事自体には決して文句を言うつもりは無いし、原因を特定する為に、また今回の様にそれが出来ない場合は予測される深刻な病状で無い事を確認する為にあらゆる検査を行うのも、頭では当然だと思うのだが、しかし約二週間の入院で15万円もの費用(自己負担分)を掛けた挙句に「自然に治るのを待て」と言われるのは・・・やっぱがっくり来るよなー(T_T)。

 ある意味現代医学の限界を見た貴重な経験であった(のか?)。

|

« 冬の京都3 ハナタレを呑む | トップページ | フレッシュマン »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

うわー、入院ですか。大変だったんですね・・。

と、ごぶさたしておりました。
非常に辛くて病院に行っても異常なしと言われる事って結構ありますよね。本人はかなり辛いんですが。
しかし実際肝炎起こしてて治療の必要なしってのも・・。
肝炎じゃ安静にしてるしかないんでしたよね。たしか本読むのもいかんとか聞きました。何もしないで寝てるのも結構しんどいもんですよね。
ひとまず危険な状態じゃなくてよかったです。
入院費は痛いですけどね。( ^^;ゞ
お大事にしてくださいね。

投稿: せら | 2007.06.04 01:02

 ありがとうございます。

 えーと、本読むのは止められませんでしたね。やっぱ今回それ程悪くなかったのかな?

 今回黄疸と言うのを初めて経験しましたが、苦しいですねー。やたらだるいのに加えて体中がとにかく痒い!!有る意味痛いより痒い方が辛いです。痛いのって続くと多少は慣れて気にならなくなって来るんですが痒いのは全く慣れないんですよね。のべつ幕なしで夜も眠れないし、頭がおかしくなりそうでしたよ(T_T)。でもやっぱ一番ショックだったのは・・・白目が黄色くなった事ですね。黄色って言っても猫の目みたいに鮮やかじゃなくて、腐った卵で作ったゆで卵みたいなおぞましい色でしたからね。

 やっぱ健康は大事だと強く思った次第です。

投稿: うぃんすろう | 2007.06.05 01:03

なんてこったい!
せかすと忙しいからかわいそう、とじっと
更新を待っていたらこんなことに・・・・。
でも再燃とかでなくてよかった。
免疫抑制剤とかは関係ないのでしょうか。
どうか自然によくなりますように。(-Λ-)
かゆいのは困りますよね・・・。
ウコンとか、あぶないので使わないように
してくださいね。
ブログも更新できないほどの忙しさって、
やっぱりムリだと思います。
難しいと思いますけど命あってのものだね。
お仕事もラクになりますように・・・(-Λ-)

投稿: fuuuuuh | 2007.06.10 11:32

 心配して貰って有難うございます。今回は一過性の物で持病やその治療との関係も無い様なので、取り合えずホッとしています。

 ブログが更新出来ないのはどちらかと言うと私の文才の無さが原因でしょう(vv;)。結構悩まないと書けないもんで、忙しくなると駄目なんですよね。お恥ずかしい・・・

投稿: うぃんすろう | 2007.06.11 01:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9044/15300211

この記事へのトラックバック一覧です: 久々の入院:

« 冬の京都3 ハナタレを呑む | トップページ | フレッシュマン »