« 何か良い事? | トップページ | 冬の京都2 東寺へ行く »

冬の京都1

 最近のニュースによると京都にも雪が降ったとか。一週間前は歩いていると汗ばむ程の暖かさだった事が嘘の様である・・・なんて思いながら今の京都の天気はどうかいなとネットの気象情報サイトを見てみると、画面の端っこに京都のマンションのバナー広告が載っていた。その名も『ネバーランド京都○○東』。・・・うーむ、一体どんなつもりでマンションにそんな名前を付けるのだろうか?よもや大人お断りとは言うまいし(笑)、マイケル・ジャクソンの家みたいに中に遊園地が有るのだろうか?それともオタクの住人の為に全宅にフィギュアの陳列室が付いてるとかテナントにメイド喫茶が入ってるとかするのだろうか?(←それ『ネバーランド』か(^^;)?)もしかしてマイケル・ジャクソンが自宅を『ネバーランド』と言ってるのを聞いて『ネバーランド』をビバリーヒルズみたいな高級住宅地の名前だと勘違いしてないだろうな?

 ・・・って、いきなり脱線してますが、ここから話は突然2週間程遡る・・・

☆~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 午後、日が傾きかけた頃に京都駅に着いた。最後に京都に来たのはかれこれ十数年前で、新しい駅ビルも見た事が無い。まずは駅ビル見物かなと思いながら新幹線の改札を出ると、駅ビルの巨大なアトリウムは影も形も無く、目の前には地味なモノトーンの低層ビルが地に這い蹲るようにして並んでいた。歪に入り組んだビルの間を抜ける風がやけに痛そうな音を響かせていて駅舎を出るのをためらわせる。典型的な地方都市の駅裏の風景だ。新幹線のホームは京都駅の最南端で、表口に当たる北口の駅ビルからは百メートル程も離れていたのだった。寺が閉まるのは結構早い。駅ビル見物は後回しにして、今居る南口西端から最も近い『東寺』へ向かう事にする。地図を見ると大した距離ではないので歩く事にする。

 私は一人旅の時は少々の距離だと徒歩で移動する事が多い。知らない町を歩くのはそれが有名な観光地であっても路地裏であっても同じように意外な発見が有って面白い物である。有名な景勝地へ行く時は、わざと目的地の一つ手前の駅で降りて歩いたりする。自然の景観が売りの景勝地の場合、そこへ行く途中の道で徐々に景観が変化して行くのが分かって面白かったりする。お陰で沢山の名所を巡る事は出来ないのだが、一箇所一箇所の思い出は深くなると感じている。

 とは言う物の、京都の町は都市化が進んでいるので、徒歩で歩いても古都の情緒は皆無なばかりか車の排ガスや粉塵、騒音で気分が悪くなって来るのが辛い。車を避けて裏道に入っても昔の町並みは殆ど残っておらず、雑然とした現代風の住宅街が広がるばかりである。住んでる人が居る以上は利便性も大切なのは当然だが、京都の寺社が立ち並ぶエリアと言うのはそもそも大して広くは無い。その気になればハイキング気分で歩ける距離に集まっている。寺社を結ぶ経路に町並みの保存地域(再生でも良い。風情を残しながら新しく作った物はそれはそれで良いと思う。)を設定するなどして、煩わしい都市の喧騒から離れて静かに寺巡りが出来たらどんなに良いかと思う。寺社だけが近代都市の中に点在し、京都と言う都市全体のイメージがそれらと乖離する状況は観光都市として好ましい物とは思えない。

 ・・・とか何とか考えながら裏通りを歩いていると、小さな児童公園の看板が目に入った。「ちびっこひろば」と書かれたその看板には、ちびっこを表していると思われるイラスト・・・と言うより記号に近い物が描かれていた。
Chibikko_hiroba_2

 これはグラフィック・デザインとしては中々洗練されていると思うが、しかしその洗練が看板としては無意味で、単に味気無くしている所が悲しい。下の余白の無駄な広さから見ても、元々看板用にデザインされた物では無く、別のデザインからの流用だろうと思われる。

 なんて思うのは私が無粋な東京人だからで、もしかしたらその一見無駄な洗練こそ京の粋なのかも知れないが(←そうか?(^^;))。

 とか思ってる内に『東寺』の参道が見えて来たのだった。

<つづく!!(・・・って、また余計な話ばかり書いてしまった・・・(-_-;))>

|

« 何か良い事? | トップページ | 冬の京都2 東寺へ行く »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

公園の看板、渋いところに目をつけましたね。結構京都はそのへんがオモロイです。「ごもくすてないで」とか(ごもく=京都弁でごみのこと)交通安全の看板とかも。
もう行ったと思いますが、意外と伏見とか大津などの近郊の街に古い町並みが残っています。京都らしさを保つのは難しいところみたいです。メンテナンスにお金がかかる、でも補助はなく住み難い。探してみれば二条とか西陣にちょっとは町屋が残っています。ちょっとだし、庶民の家ではなく、大店ですが。

投稿: fuuuuuh | 2007.02.08 10:00

怪奇大作戦の『今日と買います』の劇中のような
町並みは夢のまた夢になってしまったのかのぉ
時代は流れているとは言え寂しいのぉ・・・
しんみり。

投稿: 若旦那 | 2007.02.08 14:12

うぃんすろう@遅レスです。

fuuuuuhさんへ:
 むむ、「ごもく」ですか。不注意にも見逃した様です。交通安全の看板も確かに地域によって面白い物って有りますよね。今度行った時は探してみます(←結構こだわり有り(笑))。
 町屋は確かに所々に残ってますね。ドアだけアルミになってるのとか完全じゃ無い物が多いですが、そう言うの個人で保存するのは確かに無理ですよね。店とか保存する事が利益になる人達に保存して貰うのは良い事だと思いますが、出来れば単独では無く町並みとして寺巡りの間に通れると良いなと思います。飛騨や金沢みたいに昔の物がそのまま残るに越した事は無いですが、伊勢内宮前みたいに再現した物でもこの際良いかと。

若旦那へ:
 若旦那の地元も街中はやっぱ昔の面影無いし、人が生活してる以上仕方ないとは思うんだけどね。国も観光立国目指してる以上は保存する事が利益になるような仕組みを作って欲しいよな。

投稿: うぃんすろう | 2007.02.11 12:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9044/13792864

この記事へのトラックバック一覧です: 冬の京都1:

« 何か良い事? | トップページ | 冬の京都2 東寺へ行く »