« 長期生存者 | トップページ | 虚無感 »

臨死体験者は語る

 臨死体験者へのインタビューを集めたアメリカ製のビデオを見る機会が有った。オープニングから怪しげなモノクロ映像にサスペンスフルな音楽がかぶると言うベタな怪奇番組的作りで、臨死体験に多少なりとも厳かで神秘的なイメージを抱く日本人には違和感が有りそうだ。この辺り、人は不安になると消費に走ると言う理論に基づいてCM効果を高める為だけに必要以上に刺激的な番組作りをすると言うアメリカ製らしい。(←偏見?)

 そうしてやや無理やり気味に緊迫感が盛り上がる中、荒れたモノクロ画面に最初に登場した臨死体験者が神妙な面持ちでカメラに向かって言った。

「私は歯医者で虫歯の治療中に臨死体験をしたのです。」

歯医者で臨死体験とは…予想外だ。予想外です。(←by 予想Guy)アメリカではそんな身近に死の縁が口を開けているのか…恐ろしい……ってか間抜けだ(T▽T)!!一体どんなヤブ医者があの小さなダイヤモンド・ドリルで患者を死の一歩手前まで追込んだと言うのか?歯の奥に有る秘孔でも突いてしまったと言うのか?有り得ねー。私は一気に脱力した。

 いや、アメリカの事だからもしかするととんでもない変態医師が居て患者に死の罠を仕掛けているのかも知れない。(←偏見…とあなたは言い切れるかな?(^^;))

 まぁ、もうちょっと普通に考えるなら麻酔のトラブル辺りだろうか。アメリカは何でも過剰な国だから虫歯の治療に全身麻酔をかけるのかも知れないし。(←偏見?ハイハイもう言いませんって(-.-)y-~~~スパ〜〜)

 オープニングでは各体験者の話を短く編集しているので、最初の体験者はその一言を言っただけで次の瞬間には画面はもう別の体験者に変わっていた。その後出て来る他の体験者達は「光を見た」とか「亡くなった家族に会った」とかそれらしい事を言ってるのに、よりによって最初のツカミが何故「歯医者で臨死体験」なのか?身近な所から視聴者の興味を引こうとする狙いか?身近なだけにそこで臨死体験ってのは意外を通り越して笑い話にしかならないと思うのだが…

 いや、そもそもこうやって突っ込まれる事が狙いなのかも知れない。如何に視聴者の気を引くかが第一で、その内容に対する誇りや責任感は二の次なのがアメリカのマスメディアなのだから。(←あっ、言っちまった。:-p)

|

« 長期生存者 | トップページ | 虚無感 »

「その他文化」カテゴリの記事

コメント

辛口ですね!(^。^)
でも確かに通信販売のCMとか見てると。
臨死体験。寝るのもそれっぽい。
おやすみなさい。

投稿: fuuuuuh | 2006.10.31 23:08

 イラク戦争の時にCNNを見ていたら、日本で報道されているイラク民間人の空爆被害を一切報道しておらず、逆に日本では報道されていない軍隊内の美談を長々とやっているのに驚きました。所謂『大本営発表』そのものです。

 日本のマスコミにも問題は有りますが、アメリカの方が根が深い気がした次第です。

投稿: うぃんすろう | 2006.11.02 02:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9044/12503479

この記事へのトラックバック一覧です: 臨死体験者は語る:

« 長期生存者 | トップページ | 虚無感 »