« 高島野十郎展 | トップページ | お上りさん »

高級車とは?

 トヨタの高級車ブランド『レクサス』が思う様に売れていないとか。テレビのニュース番組では、特に若い世代を中心に車をステータス・シンボルでは無く単なる道具と考える層が増えており、高級車に興味を持たなくなっている事が原因だと分析していた。それは事実だと思うのだがこの問題の本質はもっと別に有るのでは無いかと感じる。つまりそもそも高級車とは何かと言う事である。

 番組ではトヨタがそうした層に高級車の楽しみを広めて行く為の切り札として用意している一千万円を超える超高級車を紹介していた。その車のリアシートにはマッサージ機が内蔵されており、足元は脚を組める程広く、天然木のサイドテーブルが付いていて番組ではそこでワインを楽しむ様子が紹介されていた。確かにそれは高級なのだろうが…どちらかと言うとそれはハイヤーとか社用車と言った業務用の高級車ではなかろうか?

 勿論そう言う需要は有るのだろうが、先程の話でトヨタが高級車の楽しみを広めると言っているのは若い層を含めた個人市場である。こうした市場と言うのは高級車と言えど基本的にはオーナー自身が運転する物である。充実すればする程運転するオーナーが単なる運転手に成り下がって行くこうした『高級』さに魅力を感じる個人オーナーがどれ程居るか疑問である。後席のワイングラスが揺れる度に背中に怒声を浴びながら一人しらふで運転する一千万円の車のオーナーと言うのはちょっと切ない気がする。それともトヨタは運転手を雇う文化も一般に広めようとしているのだろうか?もしかしてレクサスが売りにする『おもてなし』の精神で、純正オプションで『運転手』も用意しているのだろうか?(笑)。

 レクサス苦戦と言われる一方、BMW等欧州の高級車は売り上げを伸していると言う。日本人が海外ブランドに弱いと言ってしまうのは簡単だが、その欧州車の高いブランドイメージが何よりもまず走行性や安全性と言った実利的な性能の高さで築かれて来た事は確かだと思う。

 無論トヨタにしても基本性能をおろそかにしてる訳では無いだろうし、今の市場を外国車と奪い合うだけでは無く更に大きくする方法を模索しているのだとは思うが、それがリアシートのマッサージ機能と言うのはかなり迷走している様に思える。

 では日本で高級車の個人市場を広げる最も効果的な手段は何かと言うと、根本的には高速道路の制限速度を時速200kmにする事と、一般道の舗装をアスファルトでは無く石畳にする事だと思う。

 正直時速100km+αでは今時どんな車でもさしたる不満は無い。ミニバンやワゴンでも十分快適だし、軽自動車でも大して問題無い。しかし時速200kmではそうは行かない。より高度な技術が必要で、必然的に車は高額になる。高速を200km/hで走る必要が有ると思う人は高級車を買うしか無い。つまり高級車に道具としての必然性が生まれるのである。

 市街地走行に於ても道がフラットなアスファルトならどんな車でも快適に走れる。高級なサスペンション等は『走り屋』御用達の趣味の物と扱われがちだが、凸凹の路面に於ては全く違う意味で道具としての必然性が有る。スピード出し過ぎ防止にもなるし景観も良くなるので個人的にはやって欲しいのだが。

 勿論これは極論で問題有る意見だが、逆に言うと結局今の日本で高級車は過渡な贅沢品としてしか存在出来ない物だとも言える。車をステータス・シンボルでは無く道具と考えるのは文化的にはむしろ成熟した状態で、贅沢品・嗜好品としてしか高級車を売り込めないならその市場は小さい方がむしろ健全だと思うのだがどうだろうか?

|

« 高島野十郎展 | トップページ | お上りさん »

「ニュース」カテゴリの記事

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9044/11522486

この記事へのトラックバック一覧です: 高級車とは?:

« 高島野十郎展 | トップページ | お上りさん »