« 大画面3 | トップページ | 年明けたな・・・ »

性善説

 今回のマンション耐震強度偽装問題の関係者を見回すと、見た目からして既に悪そうな雰囲気をぷんぷんさせた人達が多い。やはりあの位の歳になるとそれまでの生き方が顔や言動にはっきり出る様だ。特に社長とか所長と言った責任有る立場の人間の抜け抜けとした態度には、「責任者は知らないと言えば責任を取らなくて良い」と言う終戦以来の日本のふざけた伝統文化が未だ脈々と継承されている情けない現実を目の当たりにさせられる。

 こう言う連中のたちの悪い所は自分は悪くないと信じ込める事である。勝手な理屈で理論武装し自分自身を完全にごまかす事が出来るのである。そうして根本的にずれた認識から来る不条理にして揺ぎ無い自信と狂った倫理感で周りの弱い人間を感化し狂わせて行くのである。

 で、こう言う犯罪を防ぐ為に有るのが検査システムだが、その中身は知らんが結果を見る限り明らかにずさんである。その理由を検査に携わる当事者にアンケートした結果をテレビで見たのだがそのトップが

「人の命に関わる仕事をする人間が不正をするはずが無いと言う『性善説』に従って検査をしている為。」

と言うのだから呆れてしまう。先に述べた様にこうした犯罪の大元にいる人間は罪の意識を持っていない。直接罪を犯したのは末端の現場の人間で、自分達はコストを下げろとは言ったが法を破れとは言っていない等と言う屁理屈で自分に責任が無いと思い込める人間である。善とか悪と言った相対的価値観は個人の認識でどうにでも歪められる物なのである。

 また、直接偽装を行った設計士も、家庭の経済的事情を言い訳に罪を犯している。衣食足りて礼節を知るなんて言葉も有る様に性善説と罪を犯す事は別の問題である。また、悪意は無くても間違いは起こるのだから、性善説を検査のずさんさの言い訳にするのは極めて無責任であり、こうした事を言う連中も結局は自身の罪を屁理屈で自己正当化しようとする先の連中と同類である。

 それにしてもこの検査システムには疑問が有る。報道を見ていると、建築の現場では検査を早く終わらる事ばかり優先されている様に見える。例えばコンピュータのプログラムに於いてはプログラムの制作とデバッグ(プログラムのミス探し)は同等か場合によってはデバッグの方に手間を掛けたりする。間違った物を製品として出さないと言う事は業界を問わず最優先課題だと思うし、特に建築は人の命に関わる仕事で有るから検査は他にも増して重要だと思うのだが、以前から指摘されている現場工事の検査のずさんさに続いて今回設計段階の検査もまともになされていない事が明らかになった事は役所も含めたこの業界全体の『善意』や『良識』の異常さを感じずにはいられない。

 結局『性善説』なんて物を責任有る発言で安易に口にする連中にはその本当の意味など分かっていないし深く考えた事も無いのであろう。

 ちなみに論点はずれるが、検査がきちんと出来ない理由として提出書類の分厚さを上げる関係者が居るが、構造計算ソフトは業界共通の物が使われていると言う話なのに、何故検査では印刷した書類だけしか提出させないのか極めて不思議だ。コンピュータのデータを併用して検査の効率を上げるシステムは当然考えられると思うのだがどうだろうか?

|

« 大画面3 | トップページ | 年明けたな・・・ »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

ほ~んと。人はミスをする生き物だ、と言うことが今は常識なのに、何のための検査機関なのか、わかりませんでしたね。結構私の回りには建築士をかばう声があるのだけど、数千人の人々が自分の設計したビルで死んでもかまわない、というモラル感覚はやはり許せないですね。わたしもちょうど去年、マンションを買い換えたので、今、人にすご~く「大丈夫?(~o~)」と言われています。今のところ大丈夫らしいですが、あれは氷山の一角だと思うとやはり信用できないですね。それこそソフトで自動チェックできるくらいの技術は今ならあると思いますよ。しないだけです。

投稿: fuuuuuh | 2005.12.21 09:58

 実際マンションに住んでる方に言うのは何ですが、建設現場に於いてちょっとした手抜きが行われたり間違いが見過ごされたまま放置される事は良く有る事だと聞きますよね。
 ずさんな検査と言うのは元々その気が無かった人間にも出来心を起こさせると言う非常に重い罪が有る訳です。それが分かっていれば軽々しく『性善説』なんて物を言い訳に出来ないはずなんですがね。彼らの思考レベルが呆れる程低いのか、世間を舐めてとぼけているのか・・・。今回の事件で本当に一番大事なのは検査のシステムを作った人間の責任をきちんと追求する事だと思うんですけどねぇ・・・・・

投稿: うぃんすろう | 2005.12.22 01:31

わかりやすい手抜きならたくさんありましたよ!事前に確認したときにはなかった天井に引っ越したら大きな穴が開いていたり、お湯と水の配管が逆だったり、カーテンレールが全部留めてなくてカーテンを釣ったら重みで曲がったり。あまりにもわかりやすくて笑っちゃったくらいです。だから逆に中身は大丈夫ではないか、と楽観してますけど、現実は厳しそうですね。とにかくきちんと建設会社、検査会社、建築士、全ての責任をはっきりさせるべきでしょうね。

投稿: fuuuuuh | 2005.12.22 01:57

 それはまた引越し早々災難でしたね。間抜けだけど余り悪意は無さそうなのが救いでしょうか。とは言え暫く前にエアコンの工事で鉄筋をズタズタに切断した間抜けもいましたから、悪意が無いからと言って笑ってられないかも知れませんねぇ・・・・・って、もしかして脅しになってますかこれ(^_^;)?

投稿: うぃんすろう | 2005.12.23 01:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9044/7679176

この記事へのトラックバック一覧です: 性善説:

« 大画面3 | トップページ | 年明けたな・・・ »