« ウイニング・ザ・レインボー | トップページ | 北九州紀行1 『博多に着く』 »

無意識の悪戯

 久しぶりに小田急線に乗った。登戸駅のホームに立つと、英語で書かれた駅の看板が裏から透けて見えた。ぼーっとしながら無意識にその鏡文字になった『Odakyu Noborito』の文字を読んでいた私は、鏡文字になった『d』だけを見たままに『b』と読んでいた。

「オバQ 登戸…」

 そして頭の中にQ太郎の姿が浮んだ所でようやく無意識から覚め、

「あれ、何で俺こんな所でQ太郎の事考えているんだろう?」

と、しばし茫然となったのだった。

|

« ウイニング・ザ・レインボー | トップページ | 北九州紀行1 『博多に着く』 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9044/4760890

この記事へのトラックバック一覧です: 無意識の悪戯:

« ウイニング・ザ・レインボー | トップページ | 北九州紀行1 『博多に着く』 »