« 昨日の敵は | トップページ | カッコ良い? »

グレープフルーツを食べる

 移植後間も無く殆どの食事制限は解除されていた私だが、唯一食べられなかったのが免疫抑制剤との食い合わせが悪いと言われるグレープフルーツだった。まぁ主治医からは

「ちょっと位食べても良いよー!」

と言われていたのだが、それが酒の席だった事も有り(笑)、且つGVHD(本サイト参照)が一時期強く出た事から、敢えて食わなくても良いかなと言う感じでこの6年間口にせずにいた。

 で、先日食事の席にグレープフルーツが並んだ時も無意識に別の果物に手を伸ばしかけたのだが、その時初めて

「俺、免疫抑制剤やめたんだからグレープフルーツ食っても良いんじゃん!」

と気が付いた。薬をやめてから一月半後の事で、真に習慣とは人の思考を奪う物である。

 かくしておよそ6年半振りにグレープフルーツを食べたのだった。うーん、そう言えばこんな味の食べ物も有ったなー…って、マジ新鮮な感動だったです。

 余談だが、免疫抑制剤とグレープフルーツの食い合わせが悪いと分かったのはアメリカでの事で、正確にはグレープフルーツ・ジュースを大量に飲んだ患者の症状から分かったとか。主治医が大丈夫と言った根拠は正にここで、要はアメリカ人は日本人には考えられない程大量にその手の物を飲むと言うのだ。


 その大量と言うのが具体的にどの位かに付いて、実は私には経験が有る。以前出張でロサンゼルスに行った時の事。昼飯を買いにファーストフードの店に入った我々は、その日が暑かった事からつい日本でと同じ様な気持ちでドリンクの『L』サイズを注文したのだが、出て来た紙コップの巨大さとその重さに度肝を抜かれた。かつて真夏の筑波科学万博(懐かし〜!)の会場で飲んだ『LL』より明らかにでかい。こりゃ間違いで『3L』とかが出て来たのではと思いコップの横腹を見ると、確かに『L』は一個しか書かれていない。しかも御丁寧にその左側に『1』と書かれている。やはり只の『L』サイズの様だ…

「…ってか、これって1リットルじゃん!!」

思わず叫ぶ我々を横で見ていた案内役の駐在スタッフがフッと笑いながら

「だからアメリカではダイエット・コークなんて物が必要なんですよ。」

と言ったのだった。

 ちなみにその頃ロスでは二つのファーストフード店が安売り競争を繰広げており、テレビで盛んにCMをやっていたのだが、日本で安売り競争と言うと「同じ物がこんなに安い」と競うのが普通だがここではやはり「同じ値段でこんなに多い」と、ひたすら量を競っていたのだった。(これが又凄い量なのよ…)

 更に言うと(このネタ結構豊富(^_^;))、この頃は丁度アメリカにコーヒー・ショップが出来始めた頃で(それまで日本の喫茶店の様にコーヒーだけを出す店は無かったとか)、我々も真新しいコーヒー・ショップに連れていって貰ったのだが、そこで又日本でと同じ様な気持ちでエスプレッソを注文したらこれがまた…(>_<)、形も大きさもカップヌードルの容器そのままの発泡スチロールの容器(本当に全く同じ!何故だ!?)に並々とエスプレッソが注がれて出て来たのだ!アイスコーヒーならともかくエスプレッソである。私は半分程飲んだ所で腹が痛くなり、会社に持って帰った挙句に湯で薄めてやっと飲んだのだった。

 ちなみに知る人の話では、ロスは都会だからこれでも皆健康に気を使っていて少食なんだとか(^_^;)。田舎の方、例えばテキサスなんかに行くと更に驚くべき状況らしいのだが(住民達の姿を見ただけで尋常では無く、その食事する姿は『でぶや』のロケその物…どころか数倍スケールアップした物だとか(^_^;)。)、まぁそれは別のお話と言う事で。

 何の話だったか分からなくなってますな(笑)。

|

« 昨日の敵は | トップページ | カッコ良い? »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

テキサスはまぢすげかったですよ。ダラス行った時のことですがぶっちゃけ町中デヴな人多いです。石ちゃんだらけです。
何度も話してますが野球場で買ったコーラは小さめのバケツみたいだったし。体がおかしくならん方がおかしいっちゅう話ですよ。
ちょっと前に全米一太っている都市というのが発表されて、ヒューストンをTOPにテキサス州の都市がTOP25に5つもランクインしたそうな。正に納得の結果。

投稿: itameshi | 2005.05.03 22:54

『太ってる都市』ランキングですか。問題意識の表れなんでしょうねぇ。ちなみに食事の量にも驚きましたが彼らの食事のメニューのバラエティーの無さにも驚きましたな。
 ステーキ、ハンバーガー、ピザで一日3食ってのを延々繰り返してるのが当たり前みたいに現地人が言ってましたからなぁ。違っても朝はドーナツかシリアル、昼にホットドッグかサンドイッチを食う程度だとか。まぁ、日本人は特に色んな物食う民族では有るんでしょうが(それも現代になってからでしょうが)、品種の少なさはともかくその少ない品種の中身がやっぱ問題多いって感じですな(笑)。

投稿: うぃんすろう | 2005.05.04 13:08

薬物代謝酵素の働きを邪魔するってヤツですかね?
食べてはいけなかった物を食べられるようになるって嬉しいですよね。
グレープフルーツ自体はアタシ的にはそれほどおいしい物には属していないのですが、それでも食べるなと言われると食べたくなるもので。(笑)
最近流行のルビー種はおいしいかなぁと思えます。もう食べました?

アメリカはまだ行った事ないのですが、何でも大きいと聞いてはいました。
でもそんなに大きいとは・・・( ^^;
小食のアタシでは食事はちと辛そうだなぁ。。
やっぱ同じ値段なら量より質にこだわってしまいます。
日本人なんだなぁ(笑)

投稿: せら | 2005.05.09 01:48

 暫く前にコメント書いたつもりだったんですが更新されて無いですね。何かミスったかな?

> 薬物代謝酵素の働きを邪魔するってヤツですかね?
>

多分それだと思います。グレープフルーツが駄目な薬って他に幾つも有ると聞いてます。

 ルビー種は食べましたよ。普通のよりまろやかな甘さでおいしいと思います。で、暫くそればっかり食ってたんですが、その内に普通の奴の酸味と濃いめの甘さ、微妙な苦味が入り混じったアクの強さが恋しくなって来まして(笑)、その時の気分で食い分けてます。

 実を言うと私は昔グレープフルーツジュースを結構飲む方でした。何処のコンビニにも必ず有る500ccで百円のパックを夏に喉が渇いた時に一気飲みしてたのです。オレンジやアップルより甘みが控えめ。味もスポーツドリンク似(つーか向こうが似せてたんだっけか?)で後味がさっぱりしており、スポーツドリンクより安い所が気に入ってたんですが、もしアメリカ人以外で症状が出るとしたら私だったかも知れません(笑)。

投稿: winslow | 2005.05.13 02:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9044/3961768

この記事へのトラックバック一覧です: グレープフルーツを食べる:

« 昨日の敵は | トップページ | カッコ良い? »