« 日朝戦 | トップページ | ニッポンのモノ作り »

カネさえ有れば

 ライブドアがニッポン放送株買占めに使った時間外取引と言うやり方も法の不備としか思えなかったが、対するニッポン放送のフジテレビを受け取り相手に限定した大量の新株発行はもうデタラメだ。これが許されたら法など有って無い様な物だと思うが、司法は秩序を守る為に法を曲げた判決を下す事も有る様な話を聞いてなる程と思う反面司法がそんな事をして良いのか疑問を持った。

 そんな風に考えていると気になって来るのはやはり法を作る立場にある政治家達のライブドア堀江社長に対する批判である。

 堀江社長がやったのは法律を破った訳では無く法律の欠点を突いた物である。法律の欠点を突いて来た人間に対して法律を作る側の人間達が人格攻撃でこれを否定しようとするのは極めて無責任で見苦しい態度では無かろか?

 だいたい自民党の政治家から「金さえ有れば何でも出来るなんて思うのは云々…」なんて言葉を聞く程言葉が虚しく響く事は無い。なる程あんた達は金だけじゃ無く色んな汚い手段を次々考え出して来るよね。大したモンだよ全く…とでも褒めて貰いたいのかい!?

 司法が法に従って粛々と判断すれば良い様になって欲しい物である。

|

« 日朝戦 | トップページ | ニッポンのモノ作り »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

全く同感です。
中途半端な法律をそのままにしておいた張本人が第三者の立場で批判の発言をしてるのを見てると本当に腹立たしい。
フジもニッポン放送もそんなに嫌なら上場なんてやめればいいと単純回路のアタシは思ってます。確かにライブドアのやり方はちょっとキタナいかもしれませんが。

などと言いながら。
前例からすると堀江社長の申請が通るような気がするので、ライブドア株買っておこうかなぁなどと考えていたりする投資家一年生なのでありました。(笑)

投稿: せら | 2005.02.26 00:14

 私もライブドアの申請が通るだろうと思います。ただ司法は往々にして既存の枠組みを守る事を必要以上に重視する事が有る様な気もするので放送局の公益性とかを盾に申請を棄却するかも知れません。

 公益の為に活動している放送局なんて有るのかと思いますけどね。

 まぁ、フジとしては他に打つ手が無かったと言う事でしょう。座して敗北を待つより一か八かの特攻戦略だと。

 今回ライブドアがやった事は慣習に依存してやるべき事をやっていなかった日本の社会には良い刺激だったと思います。外国企業にやられる前に日本の企業がやった事はむしろ良かったかと。

 とは言えフジの反応も当然と言えば当然だと思うので、堀江社長にはフジテレビまで一気に影響下に収める事を考えず、まずはニッポン放送の改革を成功させて欲しいと思います。それでフジの方から手を組みたいとお願いして来る様になったらそれはとても痛快では無いかと思います。

投稿: うぃんすろう | 2005.02.26 19:40

堀豚のバカ信者どもよ、残念でしたwwww

投稿: 残念でしたねwww | 2006.02.01 23:13

 私には堀江氏を支持した人達がバカだとは思えないんですよね。彼に怪しさや危なっかしさを感じてなかった人はいないと思います。それでも彼がやろうとしていた事を支持すべきと判断した訳です。例え彼がマスコミでもてはやされる事になった様々な行為が単なるパフォーマンスだったとしても(100%そうだと断言する訳ではありません)それを多くの人が後押しする事で本当になれば良い訳ですから。

 ひとたび犯罪者となるとその人の人格から過去の業績まで全否定してしまうのは戦闘的論客の方々に多い傾向ですが、それは建設的では無いと思います。堀江氏を支持した人達の多くは別に彼が手段を選ばず金儲けに走った事や自家用ジェットでラスベガスへ豪遊に出掛けた事を支持していた訳では無いのですから。今世の中を動かしている金持ち達に何か欠けてはいないか、何かなすべき事が有るのではないかをもう少し考えても良いのでは無いでしょうか。

投稿: うぃんすろう | 2006.02.05 02:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9044/3076825

この記事へのトラックバック一覧です: カネさえ有れば:

» ニッポン放送とか [炒四分六点(いためしぶろぐ)]
当人にそのつもりがあるのか無いのかすっかりお騒がせ男になってしまった感のあるホリエモンこと堀江社長率いるライブドアによる [続きを読む]

受信: 2005.02.26 11:51

« 日朝戦 | トップページ | ニッポンのモノ作り »