« 超 | トップページ | 快眠2 »

ないです

 『NEWS23』と言う番組で、キャスターの筑紫哲也氏が自身のコラムで日本語が間違って使われている例を上げて言葉の乱れや言葉に対する無知に警鐘を鳴らしていた。

 それは良いのだが、先日この番組でアメリカ人にインタビューをしていた時、翻訳の字幕に

「ないです」

と表示されていた。同時通訳ならまだしも字幕できちんと「ありません」と書けないと言うのはニュース番組としてはいかがな物か。何か元の英語を話していたアメリカ人が頭悪く見えてしまうのも罪な所である。

 些細な事にこだわってる様で何だがやはり気になってしまう…

|

« 超 | トップページ | 快眠2 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

気になる言葉ってありますよね。
元々の意味とは違う使われ方をしている現代語って特集を最近TVでやってたんですが、その中で「全然大丈夫」って言うのがありました。
「全然」の次にくるのは「だめだ」とか「良くない」なんですよね。
ものすっごく使ってます。しかも使い方が違うとわかってて。(笑)
アタシも若いって事かしらー♪などと喜んでみたりして。(笑)
でも最近の子は(←ここら変が既に若くない事を証明しているのであった。笑)この使い方が正しいと思って使ってると言う事でした。

しかし、翻訳家のような言葉の専門家には、やはりきちんとした言葉を使って後世に残していってもらいたいと思います。このままだと10年後には言葉遣いは今とすっかりかわってしまってるかもしれませんねぇ。

投稿: せら | 2004.08.05 00:27

 「全然」ってのが肯定で使われる様になったのはそんなに昔の事ではなかったと思います。使われ始めた頃は「全然」と言う切り出しで相手の失望を誘っておいて、次の「大丈夫」で安堵させると共に笑いを取ると言う、言う方も言われる方も間違いを分かった上での確信犯的な使い方だったと記憶していますが、皆が使う内にその使い方が正しいと認知されてしまった訳ですね。ウケを狙って迂闊な事を言えなくなりますな。

 ちなみに上の様な「確信犯的」も本来の意味とは全く逆の使い方ですよね・・・・・

投稿: うぃんすろう | 2004.08.08 01:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9044/1107507

この記事へのトラックバック一覧です: ないです:

« 超 | トップページ | 快眠2 »