« テストがてら… | トップページ | バットマン5 »

悲しい事

 もう随分前から食事中にテレビでテロ被害者の酷い映像が流れても平気で食事が出来る様になってしまった。以前は食欲が落ちて箸が止まった物なのに…  病院で採血される時に以前は針が刺さる所から目を背けていたのも、随分前から平気で眺められる様になっている。骨髄を抜かれる時のぶっとい針が骨の中にグリグリ押し込まれる恐怖感や、骨の中では麻酔が効かない事による強い痛みにもすっかり慣れてしまった。自分が後何年も生きられないかも知れないと言う強い不安すら忘れがちになっている。  別に痛みや不安が無くなった訳では無い。ただその痛みが今すぐ命の危険に繋がる様な物では無いと冷めて構えられる様になったと言う事なのだ。  他人の痛みに対する慣れと自分の痛みに対する慣れ。  今の自分なら戦場に暮らす人達の感覚を想像出来るかと考えてみる…駄目だ。次元が違う。では戦場に送り込まれる兵士の感覚はどうか?多少想像出来る気がするが、レベルが全然違うだろう。  考えてるとむしろ今の自分の感覚に近いのはブッシュや小泉辺りかも知れないと思えて来てちょっと泣けた(;_;)。

|

« テストがてら… | トップページ | バットマン5 »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

たぶんそれは仕方のない事なんですよ。
人間の体がそうやって強い恐怖や悲しみ辛さといったものを極力中和するように出来ているんですから。
そうしないと生きていく事が出来ない弱い生き物なんだと思います。人間は。
だからものすごく強い人達にはノーベル賞とか贈られたりするんじゃないでしょうか。
どうしても日々の自分の生活の事でいっぱいになってしまいがちで、TVで戦争や災害の様子が放映されても「気の毒だな」とか「日本じゃなくてよかった」と思うくらいになってしまいます。
うぃんすろうさんみたにジレンマを感じられるってのはステキな事でやさしい人なんだと思います。(^_^)

投稿: せら | 2004.02.14 14:39

 気を使って頂いて恐縮です。変な愚痴をこぼしてしまいましたね。もちっと良く考えてみたいと思います。

投稿: うぃんすろう | 2004.02.16 01:39

気なんか全く使っていませんよ。
ほんとにそう思ってるんですから。(笑)

命の大切さとか生きてる意味とか、そういう事が未だによくわかってない、生にあまり執着のないアタシには(申し訳ない・・)、そんな風に感じられるうぃんすろうさんが少しうらやましくさえあります。
ばちあたりなヤツですよね。( ^^;

投稿: せら | 2004.02.16 01:55

 久しぶりに風邪で寝込みました。ゲホゲホ・・・・・

 命の大切さとか生きてる意味・・・考えると難しいですよね。私は重い病気をしたから人よりそれが分かってるでしょうと言われる事は多いのですが、実感は有りません。確かに命が取り返しのつかない物で、命が有ると言う事は決して当たり前の事では無く様々な奇跡の様な仕組みが組み合わさっての事なのだと有り難く思いましたが、それが全てでは無いでしょう。

 花が枯れて悲しく思うのはその花の美しさを愛するからです。人を亡くして悲しく思うのもその人を愛するからでしょう。命の大切さを知ると言う事は自分の生に執着する事ではないと思います。

 だからせらさんが私のような病人をうらやむ必要は無いんです。せらさんの心の中に愛する人や尊敬する人が居て、その人達を大切に思う気持ちが有る事の方が遥かに大切な事なのですから。

投稿: うぃんすろう | 2004.02.21 16:06

風邪大丈夫ですか?最近の風邪は治りが悪いみたいですから、あまり無理しないで下さい。

自分で書き込みしてから色々考えてました。
偉そうな事をいっぱい書いてしまいましたが、やっぱりアタシにはよくわかりませんでした。
もしかしたら人生が終わる時にならないとわからないのかもしれません。
うぃんすろうさんのおっしゃるように、生きる事に執着するのと命を大切に思う事は別ですよね。
親が自分の命にかえてでも子供を守りたいと思うのはそういう事なんでしょうね。

病気になった時にあんなに悩んていたのに、今ではその時はその時とあまり考えなくなってしまったし、そうは思っていても検診や人間ドックには定期的に通っていたり。
考えている事とやってる事が矛盾してる感じです。

投稿: せら | 2004.02.22 23:11

 いやぁ・・・合併症起こしました(^^;)。血が混じって毒々しい茶色に染まった水みたいにゆるい鼻水がダクダク溢れ出て来まして、鼻を中心にして目や歯までズキズキ痛み出し病院に行ってしまいました。トホホ・・・

 無理はしたくは無いんですけど働かないと治療費がまかなえないし、働く以上は「病人なんで・・・」と言う言い訳は死んでも・・・いや死なない程度には言わずにいたいと思いますしねーやっぱ。辛い所です。

 私の方こそ随分偉そうな事を言ってしまいました。どうか気になさらないで下さい。私も病気になってから随分自分の感情に矛盾を感じてもどかしく思いましたが、そんな物なのかも知れませんよね。その時その時で一番身近な問題の事しか考える余裕が無いってのが普通の人間の生活だと職場復帰してから特に思います。

投稿: うぃんすろう | 2004.02.27 19:21

うぁ・・・。重症化してたんですね・・。(゚゚;)
粘膜系がやられましたか。花粉症と合体じゃ辛そうだ。
お大事にして下さい。

そうなんですよね。
もしリストラでもされたひにゃぁ、これから一生払っていかなくてはいけない毎月の薬代の事がちと不安になります。
アタシの場合はそんな大した金額じゃないんですが、それでも収入がなくなったらちょっと辛いです。
ので、今は仕事に支障もないし会社には内緒にしてます。
まぁ、それほど大した病気でもないので言った所でどうもならないとは思うんですけどね。(笑)

しかし、うぃんすろうさんってなんかすごいですね。
21日の書込み見て目から鱗でした。
「そうか。そうなんだよな。」と妙に納得してしまって。
ちょっと感動しました。(まじ)

投稿: せら | 2004.02.28 00:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9044/194894

この記事へのトラックバック一覧です: 悲しい事:

« テストがてら… | トップページ | バットマン5 »